ここでは茶色のしみについてのお役立ち情報をお届けしています。
《お役立ちメニュー》メラニンという色素が影響を与えることとなる茶色のしみ

《お役立ちメニュー》メラニンという色素が影響を与えることとなる茶色のしみ



《お役立ちメニュー》メラニンという色素が影響を与えることとなる茶色のしみブログ:131230


「ライスを食べると太る」
そう思っていらっしゃる方って多いですよね。
みなさまはどうですか?

でも、それは大きな間違いみたいです。
「ライスを食べないから太る」
というのが正解みたいなんです。

「ライスは太るから食べない」という間違った認識が
多くの日本人の減量を失敗させているようなんです。
ライスって、理想的な減量食品なんですって!

では、どうして
ライスが理想の減量食品なのかというと…

まず、低脂肪で低カロリー。
ライスは100g中に脂肪を0.5gしか含みません。
カロリーも168kcalと低いのです。

そして、
ライスを食べると、ごデンプン質(糖質)を消化するため、
インシュリンがすい臓から分泌されます。

インシュリンは血糖値が上昇し過ぎないよう調節する役割がありますが、
同時に脂肪の取り込みを促進する働きも持っています。

ところが、
ライスはインシュリンの分泌がゆるやかで、
太りにくいのです。
食パンやうどんはインシュリンの分泌が多く、
ライスよりも太りやすいそうです。

また、ライスの主成分は炭水化物で、
およそ全体の3/4を占めます。

ライスの炭水化物は
アミロースとアミロペクチンという2種類から成り、
そのバランスがライスの味の良し悪しを決めると言われています。
ちなみに、アミロースが20%弱のものがおいしいようです(コシヒカリやササニシキがこのバランス)。

このアミロースが難消化性であり、
糖として吸収されずに、食物繊維のような働きをするんですよ!
これは、まさに減量にもってこいですよね!
《お役立ちメニュー》メラニンという色素が影響を与えることとなる茶色のしみ

《お役立ちメニュー》メラニンという色素が影響を与えることとなる茶色のしみ

★メニュー

《お役立ちメニュー》ワキガ多汗症の治療を札幌の美容外科で施す
《お役立ちメニュー》ボツリヌストキシンは美容整形の中でも最も注目されている施術
《お役立ちメニュー》メラニンという色素が影響を与えることとなる茶色のしみ
《お役立ちメニュー》歯並び改善にはセラミック治療と強制治療
《お役立ちメニュー》皮膚を診断してホクロの切除
《お役立ちメニュー》ボトックス注射を受けるなら仙台にある美容外科
《お役立ちメニュー》皮膚を美しくそして綺麗にするシミレーザー
《お役立ちメニュー》今人気急上昇のまつげエクステの効果と特徴について
《お役立ちメニュー》レーザーエフェクターという施術はお肌にダメージを与えない
《お役立ちメニュー》レーザーで効果的にほくろ除去!レーザー治療を施そう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)間違え無い正しい美容方法とインプラント