チロシンと呼ばれるアミノ酸が、お肌が紫外線などによって刺激を受けてしまいますと、ドーバキノンという物質へと変化をすることとなります。
肌の様々なトラブルを招いてしまうことになり、最終的に悪化をしてしまうのです。
お肌の色を決定しているのは、もうご存知のことかたもしれませんが、メラニンと呼ばれている色素によって形成されます。
メラニン色素が原因で出来てしまうのでレーザーを使用して破壊をしてしみやそばかすを消していきます。

 

メラニン色素の増加が原因となってしみとそばかすというのは、どちらも発症することがあります。
30を越えた女性に多く発症しており、それを予防する毎日のケアも非常に重要なことで、特にこのお肌のトラブルというのは十分に注意をする必要があるのです。



《お役立ちメニュー》メラニンという色素が影響を与えることとなる茶色のしみブログ:190217

結婚して落ち着いた頃、
珍しくお父さんから電話があった。

「そこの住所を言ってみて」
知らないはずは無いのに唐突にお父さんが言った。

「うん、確かに間違いない」と
電話の向こうで母との話し声が聞こえる。
「手紙を書いて送ったのに戻ってくるんだよ。
住所も間違いないし、どうしてなのか分からないから、もう一度投函してみる」
と言って電話が切れた。

数日後、新居のアパートの小さなポストに、
お父さんからの大きな茶封筒が在った。

無事に届いたじゃないの…と思いつつ封を切ったら、
中から封筒に入ったままの手紙が出てきた。

「宛先にたどり着けない」という旨の朱色のスタンプが
白い封筒に色鮮やかに押されてあった。

「戻ってきたその手紙を送りましたので、何が間違っているのか見てください」
とメモが貼り付けてあった。

しばらくその手紙の宛先を見つめている内に、
俺はおかしさがこみ上げてきて、たまらず声を出して笑った。

とてもおかしいのに、涙も出て止まらなかった。
俺の宛名が旧姓のままだったのだ。

この日、届いたのは新しい姓で宛名も書いてあったが、
戻って来たと言う手紙には旧姓で書いてあった。
お父さんと母はそこに気が付かなかったようだ

長い間付き合った姓、
愛着があるのは俺も同じだったが、
子煩悩なお父さんらしいと思ったり、
几帳面な母らしくないと思ったり…

手紙には俺が嫁いだ後の、お父さんの病状の事、
そして田植えや農作業の近況が細やかに書いてあった。

結婚には反対だったが、
俺の幸せを願い、最後には祝福してくれた。

旧姓のままのムスメの宛名に
気が付かなかったお父さんと母に、
あらためて父母の気持ちを想い、遠く離れた事に気が付いた。

このページの先頭へ戻る